Macau/マカオ(2008/02/11~02/12)

Arrived in Macau on 11 February for a two-day stay. Came by ferry. Like Hong Kong, it was frigid, but no matter because we spent the whole first day and night in the casinos-Macau, Monte Carlo of the far east and all that. Well, I don’t know about Monte Carlo (yet), but it was all that for us.

2月11日、フェリーで1泊2日のマカオ旅行へ。香港と同じくマカオもかなり寒かったけど、初日は夜までずっとカジノにいたので問題なし。そう、マカオは極東のモンテカルロなどと言われている場所。とはいっても、モンテカルロについては(まだ)知らないが、我々にとってはそんなイメージの場所だった。

A number of new, Vegas-style casinos have gone up lately, but we preferred the original Casino Lisboa, and its swanked-up new version, the Grand Lisboa. The Grand is absolutely huge-maybe thirty stories (mostly hotel on the top though) and a genuine Macau landmark. We tried our hand at the cheap “Big Small” tables. Esshie was very lucky at first: she won the price of our hotel in just thirty minutes! But the house always wins, and no sooner had we taken a break and hit the tables again did we break even. Well, honestly speaking, Esshie was still up whilst I was in deep, but that’s what’s good about traveling as a couple!

最近かなりの数のベガス風カジノが新しくオープンしたが、我々のお気に入りは昔からある「カジノ・リスボア」、それもでんと派手にそびえ立っている新館「グランド・リスボア」だ。グランド・リスボアは、30階はありそうなそれは大きなビルで(上階はホテルのフロアであることが多いが)、まさにマカオのランドマークと言っていいだろう。我々は、まず「大小」という小額で賭けられるテーブルから始めた。序盤は妻の調子がすこぶるよく、ものの30分でその日のホテル代を稼ぎだすラッキーさ!しかし、最終的にはカジノ側が勝つようになっているもので、すこし休憩してからまた同じテーブルで賭けたが、最後はプラスマイナスゼロで終わった。実は、自分が負けていた間も妻は調子がよかったのだ。カップルで旅をしててよかった!

Grand Lisboa/グランド・リスボア

Did I mention the scantily-clad dancing girls performing atop the main bar? Truly a great time!

カジノのど真ん中にあるバーでは、露出度の超高いセクシーダンサーたちがステージで踊っていた。本当に素晴らしい眺めだった…!

The next day was spent sightseeing, and while Macau is a small and very walkable place, there are lots of sights to see. The ruins of St Paul’s, you know, the remaining façade you see on all the postcards etc of Macau, are really stunning. I had to wonder though why the Chinese found it necessary to plant a cheap New Years display with those phony Olympic characters right in front of it. What is with those anyways? No one remembers the mascots for the Olympics, let alone 5 or 6 similarly plain-Jane characters.

2日目は観光。マカオは十分徒歩で見て回ることができる小さな街だが、見どころは沢山ある。ファサード(正面部分)しか残っていないセントポール主天堂跡は、マカオの絵葉書などに必ず載っているが、本当に素晴らしい。しかしその前には安っぽい旧正月の飾りとインチキくさい北京オリンピックのキャラクターが置いてあり、中国の人たちは本当にそんな飾りやキャラクターが必要だと思っているのかと不思議に思った。そもそもそのキャラクターの意味はなんなのだろう?オリンピックのマスコットなど覚えている人などいないし、特にこの魅力に乏しいキャラクターなど覚えている人などいないはずだ。

St. Paul’s/セントポール主天堂跡

One place we really recommend in the old town is Café Kam Ma Lon. See the map below.

かなりお勧めの場所が「Café Kam Ma Lon」というカフェ。場所は下の写真のとおり。

Old-fashioned Macanese café with tons of atmosphere. And they have kept the old booths-man, I love those things. Oh, the food’s pretty good, too (try the egg tarts and the hamburger-looking things). Aside from the old town itself, those are pretty much the highlights; if you have time to kill you can check out the museum at the top of the hill next to St Paul’s, but it is nothing extraordinary.

この昔ながらのマカオのカフェは、雰囲気たっぷり。古いボックス席もちゃんと残っており、こういう雰囲気が好きな自分にはたまらない。もちろん食べ物もおいしい(エッグタルトと豚肉ハンバーガーをお試しあれ)。古い町並みももちろんだが、こういった場所が旅のハイライトとなる。時間を持て余してしまったら、セントポール寺院跡の横の丘の上にあるマカオ博物館を見学するのもいい(それほど特別なものでもなかったが)。

One last thing, always check what the minimum bet is, even on the cheap “Big Small”: it’ll get you every time.

最後に一つ忠告。小額で賭けられる「大小」であっても、賭ける前に最低額を確認しましょう。 そうしないと賭けるたびにごっそり持って行かれちゃいますよ。

Sphere: Related Content

Leave a Reply

*