Trapped in Shanghai/上海の地獄 (2008/01/28~02/05)

You might have heard about the bad weather that southern China experienced. We were unfortunately caught up in it, too, and during the Chinese Lunar New Year to boot. We arrived in Shanghai from passage aboard the LT Cortesia on 28 January, but did not get out until 5 February. You may be thinking, “well there are worse places to spend 9 days,” and you are no doubt right, but when it is freezing cold with rain, snow, and sleet all day it is hard to make the most of your journey and it seriously affects your mood. It did ours anyway.

中国南部の悪天候についてはすでにご存じかと思う。あいにく我々もその天候に巻き込まれてしまい、しかもそれが旧正月の真っただ中。LT Cortesiaで上海入りしたのが1月28日だったけど、上海をやっと「脱出」できたのが2月5日だった。上海で9日間くらいいいじゃん、と思うかもしれない。もちろんその通りなんだけど、凍てつく寒さの中、雨、雪、みぞれが1日中降っていれば旅を楽しむ気分になれないし、テンションも下がるというもの。ひどい天候のおかげで、私たちのテンションは超低レベルだった。

Shanghai/上海

Since we are not taking any airplanes, we immediately sought out rail tickets to the south upon arrival in Shanghai. But being the Chinese New Year and all, we could only secure tickets for 8 February. We thought that was better than nothing, but then with the less than idyllic weather didn’t relish spending 10 days basically holed up in our hostel and so searched for long-distance bus tickets. Luckily, after waiting in a horrific line at the bus station and being able to communicate in writing only (Kanji really is convenient sometimes), we got some tickets to Guangzhou for 2 February and were feeling pretty proud of ourselves. Funny thing though, upon arriving at the bus station on the 2nd for our bus, we were greeted by a wall of police officers and a sign in Chinese that we understood to mean that buses to the south we canceled for that day and we should get our tickets refunded.

飛行機を使わないのが旅のルール。なので、上海到着後、さっそく南方への電車のチケットを探しを開始。しかし、旧正月シーズン中なのと、天気の影響で、確保できたのは2月8日発の列車のチケットだけ。まあ何もないよりはマシかな、なんて思ったけど、最悪の天候の中10日間も宿に閉じこもって過ごすことになるよりは、早く上海を抜け出したいと思い、次は長距離バスのチケットを確保しようと走り回ることに。そして、バスターミナルで死ぬほど長い行列に(横入りする横着や奴らと戦いながら)並び、窓口のスタッフとは筆談(漢字は実に便利)でどうにか意図を伝えた結果、2月2日発の広州行きバスのチケットを手に入れることができた!「私たち、なかなかやるじゃん」と鼻高々。でも、そんなに簡単に上海を脱出することはできなかった。出発当日の2月2日、超距離バスに乗るために、荷物を抱えてバスターミナルにたどりついた私たちが見たのは、入口にずらりと並ぶ公安官(警察官)の壁。彼らの後ろにある大きな電光掲示板には、中国語で「本日、南方面へのバスは全て運休。チケットの払い戻しをするように」とある・・・。

Normally, you would expect that you could keep you ticket and when service resumes you would be given priority in booking a new bus. Not the case, though. We had to get a refund for our tickets and come back to book tickets whenever they decided to start selling them again (something that was not made clear). We decided to come back the next moring, and lucky we did because tickets were on sale again and it seemed that the world had tilted such that every Chinese in China ended up in the bus station looking for tickets. In the end we were able to get two long-distance bus tickets to Guangzhou for 5 February.This time the bus station was open on the day of travel, so clear sailing, right? Wrong. The stated time of our departure was 13:10, which came and went without any posted notice of any kind. So, like everyone else, we slowly but surely moved our position to the front of the gate where the staff were so that we could ask the staff (rather yell at them and see if you can get a reaction of any kind) when, or if, the bus would come, and so that the staff would know our faces. We were told, again in writing, a number of things, but it became apparent that the bus was late–4 to 5 hours late. But since you don’t want to lose your place for fear of missing the time when the bus actually comes, we basically stood there and waited for 5 hours. Us, and almost everyone else. The bus did come, and lucky we were waiting at the gate and that one of the staff knew we were waiting, because the guy who came for people to Guangzhou was not one for waiting.

キャ ンセルされたバスのチケットをそのまま持っていれば、運行再開時に別のバスへ優先的に予約を入れてくれるものと思っていたら、大きな間違いだった。我 々ができるのはチケットの払い戻しのみで、いつになるか分からないチケットの発売再開時に、窓口に戻って新しいチケットを購入しなければならないらしいのだ(そのあたりもはっきり説明がなかったが、そういうことだと理解した)。念のため、次の日の朝同じバスターミナルに戻ってみたら、天候回復の兆しが見えたのか、チケットの発売はその日再開されていた。しかしこの日、バスターミナルは、中国全土の中国人がチケットを求めて押し寄せてきたかと思うほど殺人的に混雑していた。窓口に群がる中国人にもみくちゃにされながら、どうにか2月5日発、広州行き長距離バスのチケットを2枚手に入れることに成功。そして、待ちに待った2度目の出発日当日、バスターミナルの入口はちゃんと開いていた。これでめでたしめでたし・・・かと思いきや、そうは問屋が卸さなかった。バスの出発予定時刻は13:10、 しかしその時間が過ぎても状況を知らせる掲示もアナウンスもない。バスがいつ来るのか、というかバスは本当に来るのかも分からない。状況をスタッフに聞くために、これまた殺人的に込み合った待合室で隙間ができたところに少しずつ、しかも確実にスタッフのい るゲートに近づきながら待った。やっとスタッフに(筆談で)状況を聞くと、なんとバスは4~5時間遅れて出発するらしい・・・。でも、ここでゲートから離れるとその待ち位置を他の客に取られてしまって、バスがに来たときに乗り遅れる可能性があったので、とにかく5時間、その場所に立ったまま待ち続けた(床はみんなが吐く痰だらけで、とても座れる状態ではないので)。もちろん、我々だけではなく、他の乗客も同じようにひたすら待っていた。そして、午後6時 半ごろ、やっとバスがやってきた。辛抱してゲート付近から離れずに待っていたのが功を奏したのか、スタッフの一人が私たちの顔を覚えていてくれて、バスへと促してくれた。 しかも、広州行きバスの乗客を探しにきたバスの運転手のおじさんはとにかく急いで出発したいらしく、遅れた乗客を待ってくれる様子もなかった。

Where is the bus?/待ちくたびれた・・・

Indeed, no sooner were we on the bus then we were hurtling though the rainy night at neck-break speed, horn blaring all the way. That said, the bus was nice. Most of the long-distance buses seem to be sleeper-berth buses, as this one was, and relatively new and modern. I had quite a nice sleep most of the way. More, the bus stops at canteen-type places were cheap but good food is on offer. My advice on these buses is to wait until the bus stops at these canteens to go to the washroom. There is a toilet on the bus, but it is really only for the adventurous.

バスは、私たちが乗り込んだ途端に出発し、雨の夜道を猛スピードで、クラクションを派手に鳴らしまくりながら走った。意外にも、バス自体は結構快適。中国では、長距離バスは寝台タイプのバスがほとんどのようで、比較的新しくて古臭さがない。おかげでダンの方は到着までよく 眠れたみたい(私はスピードとクラクションにおびえてあまり眠れなかったけど)。それに、途中で休憩のためドライブインのような場所に停まり、そこで安くておいしいご飯 も食べられた。ただ、このタイプのバスについて1つ注意。トイレは、ドライブインに停まるまで我慢したほうがいい。バスの中にもトイレがあるが、かな りの冒険好きにしかお勧めできません。

One really good thing we would like to mention about Shanghai is the hostel we stayed at, The Shanghai Hiker Youth Hostel.

大変だった上海での滞在中、1つだけとっても良かったことがあった。それは我々が泊まったホステル、上海旅行者国際青年旅舎。

Beds in dormitories went for about 8 USD and double rooms about 25 USD.

ドミトリーは1泊約8USドル、ダブルルームなら約25USドル。

One thing, though, the Internet connections available (both at provided PCs and through wireless) are finicky, so if this is a very important thing, you might need to reconsider.

ただし、ネット接続はあるものの(備え付けPCも、ワイヤレスLANもある)、接続状況はかなり不安定なので、ネット接続最優先の人は他を当たったほうがいいかも。

Sphere: Related Content

Leave a Reply

*